咲くのも散るのも美しく。50代の微妙な日々を前向きに綴ります。


by sakura-saku-tiru

本日のハンドメイド。

c0362977_15022558.jpg

義母から、似たような水晶のネックレスを二本もらった。
二本もいらないし。

で、ハンドメイド。<
c0362977_20170433.jpg


私には、ちょっとゴージャス‼

ま、今日のところはこれで。
[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2015-06-29 15:02 | Comments(4)

こちらです。

子どもたちが身をおく施設の職員が、こんなに酷い人たちばかりではないと信じたいところではあります。

が、人手不足は明らかであり、それは予算不足のためであることは明白です。

いつもながら、hisakoさまの行動力に脱帽です。
[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2015-06-27 23:25 | Comments(2)

大腸カメラ、異常なし。


いやー、痛かったです。

なんでも、私のS字結腸は、M字に屈折しているそうで
カメラ挿入直後、ヘヤピンカーブの連続で

痛い、痛い、痛い。

と、声を上げてしまいました。

三度もお産の経験があるのに喜びの痛みは覚えていないのかもしれません。
思いがけなく授かった四人目の流産の痛みと似た、今日の
痛みでした。

ポリーブも癌もなし。
よって、異常なし、とカルテに書き込まれましたが、ではS字がM字なのは異常とは言わないのですね。

とりあえず、西洋医学的にはすこぶると言って良いほど健康なようです。

一番喜んでくれたのは、義母でした。
そうね、私は、まだまだ健康でいないと。

身近な人に、癌を発症する人が増えているように思うこの頃です。
[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2015-06-26 20:07 | Comments(2)

次に読む本、到着。

c0362977_19484492.jpg


二つ目の講義を無事に終えて帰宅しました。

やれやれ、です。

これから、これを読みます。
Amazonさまさま。

すこーし、英語が読めるようになったかも👍
[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2015-06-25 19:48 | Comments(0)

某所で見た人。

その1。
車椅子に乗ったお婆さんに、六十代後半とおぼしきご夫婦と、その息子とおぼしき三十代青年が、三人ともに笑顔で、優しい声で語りかけていた。お婆さんは無表情ながら、うんうんと頷いていた。

その2。
ニコニコしてスタスタ歩く、一見お元気そうな女性、たぶん七十代、のうしろで、眉間にシワを寄せた太った女性、たぶん四十代、が、怒声を発していた。勝手に歩き回るな!ここに座ってじっとしてろ‼と言っていたように聞こえた。

その1のお婆さんも、こうなるまではいろいろあったのかもしれない。その2の娘さんらしき人は、まだ、お母さんの状態を受容できないのかもしれない。

人のことを、勝手に想像してみてもどうにもならないけれど、みんな、家族として精一杯に折り合いをつけて暮らしているのだろうと思った。その1のお婆さんはやがて、ヘルパーさんらしき人のお迎えがあって、ご家族はバイバイと手を振っていた。

その2の女性二人は、どうなったのかな?見届けずに帰ってきた。

さてと、私も嫁業に励むことにしよう。
[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2015-06-24 16:22 | Comments(0)