咲くのも散るのも美しく。50代の微妙な日々を前向きに綴ります。


by sakura-saku-tiru

ベストを尽くすとは?


ベストを尽くす、なにをもって、ベストとするか?
それは、自分でに対してだと思う。

私は、今日、ベストを尽くしたか‼
で、また、眠れぬ夜を過ごすんだな、、、

まあ、生きているだけで、いいやね。。。

肩の力を抜いて、巡り来る物に感謝できるようになりたい。

昔話でいうと、花咲じいさん。
すべてを受け入れて、抗わなかった結果、花咲じいさんになりえた。まねをした隣のじいさんは、ことごとくうまくいかなかった。

受け入れること。
翻弄されないこと。
ジタバタしないこと。
自分にベストを尽くすとは、そういうことかな?
[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2015-07-12 20:50 | Comments(2)
心ふさぐ出来事が続きますね。

それぞれの当事者はベストを尽くしていると思います。

今も昔も、正規採用になるのは至難の業。
その狭き門をくぐって登用された方々が、不誠実な仕事をするとは思えない。

私には、他を糾弾するエネルギーはない。
ただ、自分の持ち分を誠実にこなすだけ。

自分の持ち分で解決できないことに遭遇したら、HELPを要請する。
これ、とても大事ね。

自分ひとりで、抱え込まないこと
家庭においても同じ。

私は、かつて専業主婦であったおりに、
まして、教育学部出身であったことから、夫に

「子どもの教育は君に任せたよ、、、」

と言われ、
私も専門家気取りで、「はい」と熱心に引き受けた。
とても困った場面に幾度も遭遇し、自分だけで解決しようとした。
、、、結果、今がある。

子育てや教育に熟知している人はいないということを肝に銘じること。
だれもが、未熟な保護者であり教育者だ。

子どもはひとりひとり、違う。
だから、経験は役に立たない。

寄り添う心が求められていると思う。
保護者にも、職員にも、なかなかに厳しい時代たと思う。
私も、その一人として精進していきたい。

大事なことは、一番身近な人にHELPを伝えること。
それができないなら、何故かを考える事。

一番近しい関係の人のとの和合が大事。
それができない人は、社会的な和合も難しいということ。

私は、それに気づいて、目が覚めた!!!

はい、確かにそうです。
夫や、息子たちが、私を育ててくれています。
心して、日々を送ってまいりたいと思います(なかなかですが)。
[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2015-07-11 21:43 | Comments(2)
巡ってくることをたんたんと受け入れられたら、いいね。

いやー。
やってしまったかもしれません。

行政の大きなプロジェクトが巡ってきたのに、
行政の手先になるのはいやだ!
と、タンカを切り、私のこれまでの仕事を提示して、
こんな私で良ければお引き受けしましょう!!!
と言ったら、お断りされました~~~。

この件について、話を聞いてもらった仲間からは、いろいろな反応が出ました。

1.あっぱれ!
2.大人げない(しれっと引き受けて自分の方向に仕事を引っ張れば良かった)
3.そもそも、行政の計画を(私が)狭い知見で見ているのではないか?

いろいろと(頼んでもいないのに)、反応してくださりありがとうございますよ。

1.については、ありがたい反応でした。
2.については、はい、大人げなかったかもしれません。でもね、私、そのプロジェクトに参画するのは、嫌だった。というか、参画していると世間に認定されるのが嫌だったのです。
3.は、基本的に、この国の方向性について意見の相違があるので、拝聴しつつ、反論もしつつ、お互いの考えを否定はせず、ああ、そういう考えもあるのだなぁ…と大変参考になりました。

この国の方向性について、親しい人でも違う考えの人がいる。お互いに否定し合っていたら、先に進めない。同じ考えでなくても良いと思う。それぞれが、自分の考えで動いたら良い。私は、私の考えを表現していく。

歴史の認識は、生育歴によって、ずいぶんと違うものである。
違うというだけで、相手を否定するものではない。

エキセントリックになったら、もう、議論は成り立たない。
冷静に、相手の言っているところをイメージする。拒絶しないで。
自分の思うところも伝わるように語る。

せっかく来た大きな仕事であった。
ご縁を結んでくくださった方もいた。
こちらからお断りを入れたのではなくて、あちらがこちらをキャンセルして終わりになった。
勿体なかったという気持ちも確かにあるけれど、清々しい気持ちでもある。

これもね
夫に養っていただいての奥様芸だからできる事。
♪ 芸のためなら、夫も泣かす~ ♪
ほどの芸ではない。

ちゃんとわきまえている、自分のほどを。

私のしていることで、世の中を動かすようなことにはならないと思う。
ならばこそ、自分の魂に正直に、奥様の範囲内でやっていかねば。
このたびの仕事は、私でなければできないという仕事ではなかった。

もしも、この先、私にしか出ない仕事が巡ってきたときには、
道一筋に邁進する覚悟を求められているのかもしれない。
それが分かった、今回の顛末であった。

「ちなみに」と聞いたギャランティが、微妙な額であった。
私の今のパートよりは破格に高額ではあったけれど。
一ケタ違ったら、心が動いたかな???

まあ、私ったら、正直ですこと。

ここまで頑張ってきて、魂を売る気にはなれません。
むしろギャラなしでも、「私がやります!」というプロジェクトならやります。
私には企画能力がないから、オファーを待ちます。

これまでの人生、いろいろとありました。
とりあえず、食べていけるし、やりたいことだけやっていけるし、
ありがたいなぁと思っています。

ゆるすことは難しいけれど、相手に感謝することは出来る。
私にも落ち度はある。
それを認め合って、生きていきたいです。

ゆるすとは、相手を否定しないことかな?
受け入れることね。
そうしたら、自分も受け入れてもらえるでしょ?

きっと、そういうこと、、、
54歳になって、やっとたどり着いたこと。。。
[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2015-07-09 21:06 | Comments(2)

ゆるすのはむずかしい。

人生、いろいろあります。
うまくいかないときには、なにもかもうまくいかない。

こんなはずじゃなかった、とか
だれかのせいでこうなった、とか。

許せない気持ちでいたら、自分が一番いやだよね。
自分が正しいという呪縛で、身動きがとれない。

いまでも、心は揺れるけど、もう手放そうと思った。
いつまでも停滞してたらもったいないから。
自分の人生が。

きょう、久しぶりに心が大きくゆれた。
怒りが、よみがえった。
ためされてるんだなぁ、神様に。

ゆるすのはむずかしい。
だから、私もなかなかゆるしてもらえないと思う。
私がゆれずにゆるすことができたら、私にもお許しがでると信じて。

自分が正しいと思っている間は、誰かを傷つけている。
めぐってくることを受け入れて、たんたんと、生きていきたい。


[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2015-07-08 00:02 | Comments(4)

言論統制?

???かもしれないことに、遭遇した。

私は、相手と戦う勇気も力も持ち合わせていないので、

ひっそりと、コツコツと、戦っていく道を選ぶ。

負けたとは思いたくない。

物語の持つ力を信じて、日々を生きていく。
[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2015-07-04 00:32 | Comments(0)