咲くのも散るのも美しく。50代の微妙な日々を前向きに綴ります。


by sakura-saku-tiru

PCを購入したので、今使っているPCのデータもバックアップをとっておこうと思った。

ごちゃごちゃといろいろ入っているデータを整理する。これなんだっけ?というのもある。要らないんじゃないかな…というものや、同じものがあっちにもこっちにもあったり。パソコンの中身も時々断捨離が必要だね。

そんな中に、2006年に書いた作品があった。
ああ、確かに、書いたね、これ。
F書店の絵本のテキストのコンテストに出したと記憶するが、みごとに落選したものだな。
でも、いいお話だと(私は)思う。
これ、実話。
記録として、ここにもアップしておく。


***************************
    

きょうは、ようちえんのえんそく。ぼくはちょっと、しんぱい。


ママの おなかに ぼくの おとうとか いもうとが いるんだって。それで、ママは ぐあいが わるいの。


パパが、かわりに きてくれる ことに なったんだ。パパ、だいじょうぶかな?おともだちの おかあさんと おはなし できるかな。ぼくが ついてるから だいじょうぶだよ、パパ。


おべんとうを リュックにつめて しゅっぱーつ。ようちえんからは、おおがた バスに のるよ。


え!パパと いっしょに のるんじゃないの?ぼくは、ひできくんと けんとくんと さんにんで おいすに すわったよ。パパは、だれかの おかあさんと うしろの せきだ。パパ、だいじょうぶかな。


 バスが はしりだした。おかあさんたちは おしゃべりを はじめた。ぼくたちは、せんせいと いっしょに うたうよ。


♪おおがた バスに のってます♪


 ぼくは、パパが しんぱいで うしろをみた。やっぱり、パパは こまったような かなしいような かおで すわってる。


 ようやく、おべんとうを たべる ところに ついた。けいばじょうって いうところだ。おうまさんたちが きょうそう するんだって。きょうは、おうまさんは いないけどね。ふかふかの しばふの うえに、シートを ひいて おべんとう。ママが つくってくれた サンドウィッチ、おいしいなあ。


たべおわると、パパが、ポケットから、テニスボールを だして、キャッチボールを した。おともだちが、ぼくにも やらせてって、いっぱいきた。みんなで、じゅんばんに ボールをなげて あそんだよ。パパ にんきものに なったみたいだ。ボールは、ほしいというおともだちに あげちゃった。


 それから、もういちど バスに のって、こんどは、かじゅえん。まっかな りんごが たくさん なって いる。このりんごを もいで、すきなだけ たべて いいんだって。でも、ここで、たべるだけで、もってかえっちゃ いけないって、おじさんが せつめい してくれたよ。


 ぼくは、パパに たかい たかい してもらって りんごを えだから もいだ。それを、ごしごし、パパが うわぎで ふいて くれた。

かりッ しゃくしゃく

なんて、おいしいんだろう。パパも、ひとくち かじって、

「もぎたては うまいなあ」

と、いったよ。ママにも たべさせたいなあ、と ぼくが おもったとき、パパが、もうひとつ もいで、うわぎの ポケットの テニスボールが はいっていたところに そっと いれた。そして、ぼくに、めくばせ した。ぼくは、ドキドキ した。だって、いけないんだよね。パパは、いった。

「きっと、りんごの かみさまは ママにも おなかの おあかちゃんにも たべて ほしいと おもっているよ」

ほんとかな?でも、ぼくも そう おもう。それから、ぼくたちは もうひとつだけ りんごを たべて、かえってきた。


かえりの バスで、ぼくは ねむっちゃったから、おとうさんが どうして いたか しらない。


うちに かえって、りんごを たべた ママは 

「こんなに おいしい りんごは はじめてよ。ありがとう。おかげで げんきが でてきたわ」

と、いったよ。

かじゅえんの おじさんも、きっと ゆるしてくれるね。


***************************


この「ぼく」は、息子1。お腹にいたのは、息子3。
息子2もママとお留守番していた。
この時のリンゴは、本当に人生で一番おいしかった。

子育てって、本当に人生の宝物だね。なんだか、泣けてきたよ。

いろいろあったけど、あなたたちのママとパパになれて良かった。
ありがとう。

断捨離って、宝探しかもしれない。
PCの中だけでなく、実生活でもしてみる価値ありだ!!!





[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2018-04-18 20:30 | Comments(0)

にわかに忙しくなった。

私は、まだ、大学に籍を残してあるのだが、宙ぶらりんになっていた研究の論文が急に進みだした。急に進んで、いろんな人にサインをいただく段階までになった。サインをいただくのも相手の都合とこちらの都合のあることなので、なんどもメールでやりとりし、やっと皆さんからいただけそうだ。

そしたら、ありゃま。
大学に置きっぱなしにしていたPCがいつの間にか孤独死していた。
学術情報センターにレスキューしてもらい、データは取り出してもらった。我が家のPCも五年目になったので、この際、新しいノートPCを購入した。

購入したはいいが、あれ、あれ。
セットアップどうするんだっけ?
買ったところに頼むと有料なのだが、いままでどうしてた?

学術情報センターに電話してみたら、やりますよ✨と頼もしいお返事をいただく。データの移動も、もちろんやりますとのこと。

大学に籍を置くには登録料が2500円ほどかかる。元はとった👍と、つい、貧乏臭いことを考える。図書館も自由につかえ、論文のご指導もいただいて、なんと実り多い2500円ではありませんか。ありがたや、ありがたや。

この論文が終わったら、研究を続けるのは気力、体力、学力的にもう無理。特に、英語力がー⤵😢
47歳で修士課程に入り、50歳で博士課程に進み、54歳から博士研究員となり、ちょうど10年。良い夢を見させてもらいました。ありがとうございました。そろそろ、夢から帰還します。

夢の世界が終焉を迎えつつあり忙しいのだが、現実世界もいつもより忙しい。

国家試験の受験申し込みにあたり、整える書類がある。

年度始めでもあるので、私が代表を努める会の総会準備もある。その会を表彰したいといっていただいており、なんと、それはこちらが申請書を出さねばならないのだった。

夏のイベントのプログラムも組み立てているのだが、あれもこれも取り入れたい物語があり、なかなか纏まらない。著作権の切れていない作品については、著作権継承者から許諾の返事がまだ来ない。だから、プログラムの確定ができない。

毎年、春は忙しいのだが、今年は、なんだかすごく忙しいように感じる。この忙しさの後には、すっきりと晴れやかな季節到来となりますように。

と、曇天の元で、祈る。


[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2018-04-17 15:22 | Comments(0)

お手入れ、お手入れ。歯、ぐらいはね、努力すれば保てる物だから。

今日、私の歯をお手入れ(クリーニング)してくれたのは、23歳の歯科衛生士さんだった。

私がその歯科医にはじめていったのは、平成23年の2月であったようだ。その時の私の書いた問診票では、右上の奥歯に違和感があることになっているのだが、これまで私は、ずっと左上の奥歯の不調を訴えている、と不思議がって見せてくれた。

あはは、右と左の区別のつかない私は、むかって左に書いてある右上という文字を◯で囲んでいたのだ。謎は解けた❗

あらー、平成23年2月といえば、震災の1ヶ月前ね。遠い昔のようだわね

と、私がいうと、彼女は

私は、あの日、中学校の卒業式だったんです

と。彼女の方がもっと遠い昔だわね。

私の奥歯はそれ以来、なんとか持ちこたえている。違和感は消えないが、悪くはなっていないのはメンテナンスのお陰だ。他の歯も、あちこち手入れをしつつ、持たせている。

歯は、初診の時と変わらずにここにある。

変わったのは、そのほかのところ。

問診票には、飲んでいる薬として、不眠のために処方されたある薬の名前が記されていたが、今はまったく飲んでいない。偉いなぁ、私。止めるのはとても大変だったが、飲み続けるのが怖くて思いきって止めた。

この薬、当時は依存性のない安全な薬と説明をうけていたが、だんだんに量を増やさないと眠れなくなり、両手に疼痛と動かし難さを感じ、直感的にこの薬の副作用を疑い、止めたのだった。

その後、この薬には、いろいろなリスクがあることを厚生省も認め、第3種向精神薬に指定された。先日、国家試験のために受けた講習会でも、医学の講義で講師が繰り返し、その薬の安易な服用は危険であると、警鐘をならしていた。本当に、気楽に多くの人に処方されている薬である。抜くためには、大変苦しい離脱症状が現れる。私は、完全離脱まで一週間かかった。今は、なにも飲まなくても、ちゃんと眠れる。大丈夫。

ちなみに、その薬は、デ◯△という。

歯医者さんにいって、震災前の自分に会った。あのころの私は、
なんで私がこんな目に?

と、苦しんでいたなぁ。大丈夫、今に楽になるよ、と教えてあげたい。



[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2018-04-12 15:27 | Comments(2)
今年は、冬から初夏になったかと思うと、また寒い日が続き、
夫の勤務と私の勤務が折り合わず、花見をせずに桜の季節が終わりそう。

もう、今月も10日が過ぎていた。
新年度を迎え、なんとなく落ち着かない。

職場では一番頼りにしていた人が移動となり、
今年はどのように仕事を進めるか未だに見えず。
軌道に乗ってしまえば
時間に追われてあっという間に一日が過ぎるので心配はしていないが。

どうなるか分からないことで心配してもしょうがないから、
気持ちを切り替えて、一人でのんびり花見をしてきたいところだが、

寒い122.pngのである。
まあ、そのうちに山桜でも見てきましょう。

久しぶりにギボネタでも。。。

先月の末に、職場で送別会があった。
一番頼りにしていた人が移動するので、出席することにした。
その日、私はOFF。
夕方、早めに夕ご飯を出してギボに

嫁:今夜は送別会でこれから出かけてきますので、早いですけれど、夕飯出していきますから食べてくださいね。

ギボ:(「送別会」という言葉の後すぐに、私の説明がまだ続いているうちに)あら、あんた、○○やめんのがい?

と、相変わらずに、人の話を聴いていないのでした。
まあ、これは昔からだから、耳のせいでも認知の問題でもありません。

しょうがない、しょうがない。ははは。

自分で食べてくれるのだし、トイレも自立してくれているのだし、ありがたい、ありがたい。

さて。
今日は、私の語りの活動のことで、話を聴きたいという方からのお申し出があり、お会いしてきた。
その方は、あるボランティア財団の役員で、
本業は大きな保険会社の管理職に就いておられる60代の女性。

私とは全く違う人生を歩んでこられた方であったが、介護のこと、子育てのことなど、楽しくお話してきた。
保険の専門家のその方がおっしゃるには、退職後、夫婦二人暮らしで最低で月35万はかかるとのこと。
わが家に届いた年金定期便によると、わが家では夫婦合わせて年額240万円。月にして15万円足りない。

彼女が言うには、働けるうちは働くのが社会貢献になるそうである。
そして働けなくなる老後のために蓄えを作ることが大切と。
退職金のあるなしも老後に大きく影響する。

わが家は、夫がちょくちょく職場を変えていたため、退職金はその都度ちょびっとずつ受け取っていて
まったく残っていない。

死ぬまで働いてもらうしかないと思おう。夫よ、働け!!!

で、私も定年のない仕事だから、できるだけ働くことにする。次年度から、時間を増やそうかな。

そして、私は夫より先に死なないと、と思う。
夫亡き後、遺族年金がどのくらいもらえるか分からないが、ぐっと減るはず。

そうすると、この家は電気代のべらぼうにかかる家なのだが、電気代も払えなくなるのだ。
あ、この家は処分して、施設に入る?でも、経費が賄えないぞ。

と、いろいろと老後のことを考えて不安になった春の午後でありました。

ま、なんとかなる???ならないのかな???

本題の語りのことでは、私が代表を務める会の活動について、
社会貢献しているから表彰したいと、その候補として推薦したいとのことだった。

私たちのような活動をしている会は全国にゴマンとあるから、
「推薦いただいても、、、たぶん。。。」とご遠慮申し上げたが、
特筆すべきこととして、私がその分野で学位をとったこと、
仲間に専門職がいること、オリジナル作品を多数保有していることが挙げられるそう。

そんなふうに自分たちの活動を客観視したことはなかったが、確かにね。
ま、こちらもどうなるかわからないけど、申請書を出してみてもいいかな、と思った。

表彰とか、ちょっと苦手だけれど、自分たちの活動を謙遜したり卑下したりせず、
どうどうと栄誉に浴させていただいてもいいのかもしれない。

まだ、候補の段階ですが、候補に挙げていただいたこともありがたいね。
昔の私なら、逃げていたけど、実際にお断りしたこともあったけど、
そろそろ、ちゃんと評価を受け止めてもいいかと思えたことでした。

写真は今夜の義母の夕飯。普通食です。助かりますね。

c0362977_22025363.jpg

[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2018-04-10 21:14 | Comments(2)

夫の誕生日に。

c0362977_21040228.jpg

いつもは缶ビールなので、たまには、と普通のスーパーで普通に買ってきて、飲もうと思ったら❗

二本買ったうちの一本がこれでした。

普通のヱビスには鯛が一匹。これは二匹描かれていた、ラッキーヱビス103.png

こいつぁ、春から縁起がいいわい☀
[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2018-03-30 21:18 | Comments(4)