咲くのも散るのも美しく。50代の微妙な日々を前向きに綴ります。


by sakura-saku-tiru

春、爛漫。

我が家の猫の額にも、春がきた。

c0362977_22130878.jpg


なにも予定のない休日。
夫と、ぶらぶら散歩する。

途中、ふらりとはいったお店でお昼を食べる。
夫は、ビールと単品のお料理を、私は、ランチを。
ご飯とお味噌汁を半分ずつで、ちょうど良い。

農協の直売所からは、息子にお米と野菜を送る。
今日は、彼の誕生日。
28年前のこの日も、良い天気であったなぁ。

かわりばえのない日常。
しみじみと、かわりばえのないことに幸せを感じる。

ぐるっと近所をまわって、6000歩であったらしい。
寒くも暑くもない、この季節が一番好き。

明日もゆるゆると、この季節を楽しみましょう。
[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2017-05-04 22:11 | Comments(2)

帰国。さあ、仕事。

帰国して、二日たち、日常が戻りました。

さあ、仕事。

週末に金沢で講演します。
これまでやってきたことに興味と共感を持ってくださった方がおり、二つのテーマで、二ヶ所でお話させていただきます。

平常心で、ありのままに話してきます。

その前に、明日は、いつもの仕事が。
年度末になり、まとめのワークになります。

さあさあ、しっかりせねば。

だから、ショートスティから帰って来たギボが、
なにやらいろいろと言っているけど、

へー、ほー、はー。

と、右から左と聞き流して澄ましています。

仕事にたすけられてるなぁ。
これで、嫁だけやってたら、ケンカになるだろうな。
いや、これは私だけの話で、世の中には立派なお嫁さんはたくさんいらっしゃる。皆さん、エライ❗

金沢ってどんなところだろう?
楽しみです。


[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2017-03-02 16:14 | Comments(4)

ハワイ、最後の夜。

なんだか、立派なフレンチを夫が予約していました。

彼曰く、
My リタイアルメント(私にはspell不明)anniversary

だそう。つまり、退職記念を自画自賛。
加えて、還暦のお祝いも、だれもしてくれなくて、
自ら演出。気が利かない妻でスミマセンね。

せめてもと、私は、old KANEKO(と、私が勝手に呼んでいる、pink house時代の金子功のワンピース)を着て、祝福。
c0362977_16094240.jpg


ああ、これでお腹が出ていなければ、オードリー・ヘップバーンを気取るのに、と、私がいうと、

大丈夫、俺は、和製ハリソン・フォードだから、と意味不明。

とにかく、バパ、お疲れ様でした。
でも、もう少し、働け❗✨👍

よろしくね✨


[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2017-02-26 16:05 | Comments(2)

ハワイで泣いちゃった。

嬉しくて、幸せで、泣いちゃった。

すべて夫プロデュースの今回の旅。
ホテルはオーシャンフロントだった。
c0362977_14224031.jpg

サンセットがこんなに綺麗。
c0362977_14234012.jpg

ああ、この日を夫と迎えられて良かった。
遠回りをしたけれど、私は、間違っていなかった。
c0362977_14242483.jpg

夕日をみながら、泣いちゃった。
今が一番幸せ。
いろいろあったけど、私は、夫と結婚して良かった。
私も頑張ったけど、夫も頑張ってくれた。
それで、今がある。

これから、きっと、もっと良くなる✨
で、サービスショット😁
c0362977_14254660.jpg

[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2017-02-22 14:03 | Comments(6)

ギボの部屋を掃除する。

私たちは明日の早朝に発つので、
ギボを本日の午前中にショートスティに送り出した、

待ってました❗

このところ、ギボの部屋より漂い出る悪臭あり。
おそらく、、、やはり。。。

ギボの部屋のトイレが悪臭の元であった。
○ンコ臭い、、、のが、もしや別の場所であったなら、大問題。
おそらく、、、が、当たっててホッとする。

ギボは自室の掃除は自分の仕事と、嫁の介入を嫌がる。
この一月ほどの悪臭に、嫁は気づかない振りでいた。

気になっていた通りではあったが、時を経たヨゴレには悪戦苦闘。なんとか、綺麗になった。

それから元通りにいろいろなモノの配置を戻して完了。
たぶん、掃除したことには気付かれないだろう。
部屋全体にも掃除機をかけて空気の入れ換えをする。

ああ、さっぱりした。
これで明日から心置きなく出掛けられる。

これからもギボの尊厳を損なわないように、さりげなくヘルプしたいと思う。たぶん、この前、お腹を壊した時に、トイレが間に合わなかった。それでトイレを汚して自分でなんとかした。嫁には見せたくなかったのだろう。
ギボは、耳と同様に、目も鼻も衰えてきたのだ。
あちこちに汚れは残り、そのための悪臭が漂っていた。

私も今にこんなふうに老いる。
私もだれかに見られたくないだろう。

そっと始末できて良かった。
トイレの神様、どうぞ、ギボをお守りください。



[PR]
# by sakura-saku-tiru | 2017-02-20 14:20 | Comments(0)