咲くのも散るのも美しく。50代の微妙な日々を前向きに綴ります。


by sakura-saku-tiru

<   2016年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

クキタチナ(追記有り)

これを見て、皆さんはどう思う?
c0362977_20535973.jpg

私は、美味しそう❤と、思った。

で、お浸しにして
c0362977_20545140.jpg


もう、本当に美味しかった👍

クキタチナ、万歳🙌

fbに同様の記事をアップしたら、以下のように情報をいただきました。

茎立菜(クリック!)


へぇ、この地方だけのものではないのね。

春の訪れを知らせる、甘くてみずみずしいお野菜です。
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-03-30 20:53 | Comments(4)

なんだべま。

朝っぱらがらメールきた。

誕生日の朝、息子2から。

あら、なんだべ、3時だっつうに。

ヒライで見れば、息子2は、おごっていだ。

なんだべま。なにしたんだべ!

なんでも、オラがコナイダ、急いで打ったメールがワリィガッタみでだ。

わりがったない。
オメの都合も考えねで、返事待つ、は、ねぇべって、んだない。
母ちゃんがわりがった。かんべんしてくなんしょ。

んだげんちも、返事こねんだもの、いづも。

あらら、今年の正月に来たどきのごどまで、おごってる。

そだ前のごどなんぞ、オラ、覚えでねぇ。
覚えでねぇのが、もっとワリィって、まだおごられそうだない。

ああ、こだにおごらっち、せずねごど。
なじょすっぺ。
かんべんしてくなんしょで。

考えでみれば、こだふに、我が親だの姑さまだのにおごってみせっだのは、オラだない。

んだ、オメは優しい息子だ。
その息子をおごらせるオラがワリィし、親にビシャクッチダ、オラは、もっとワリィ。

んだ、んだ。
オレ、わりんだ。

誕生日のアサゲに、息子から、うんといいプレゼントもらった。

母ちゃん、今日から、心いれかえで、父ちゃんとバアチャンと、我が二親に尽くすがらない。

なんだべま?

って、たまげられるように、ツッケシいわねで、ニコニコして尽くすがんない。

オメはオメの道をゆがせ。応援してっから。

誕生日にメール、ありがとない。

体に気ぃ付けで、がんばっせよ。

[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-03-24 13:42 | Comments(4)

春は別れの時。

去年の今頃は、この子達との別れになみだが出た。

c0362977_22554127.jpg


今年もまた、あ、写真ないわ。

山の中の小さな学校とお別れした。。
みんな、良い子達だった。

どの子も幸せな人生を歩めますように。
せめて毎日、祈らせていただきますね。

いままで、ありがとう❤
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-03-20 22:53 | Comments(2)
ご遺族から、どうぞ、活用してくださいと、
おくられてきたものたち。

c0362977_12431974.jpg


この他に、手書きの研究モチーフのような物が一箱。
荷物がとどいてひと月あまり。
畏れ多くて、まだ、中身を確認できていない。

私は、S先生の思いを形にできるだろうか。
亡くなった方との約束は果たさなければ。

気持ちの整った日に、ゆっくり拝見することにしよう。
先生、しばらくお待ちください。



[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-03-12 12:40 | Comments(2)

お大切に

私より、30歳も年上のお仲間から、別れ際に言われた言葉。

お大切に

なんて、優しい言葉だろう。

お大切に

私の耳が初めて聴く美しい音節をともなった文字の配列。

お大切に

そう言われたら、なんと返したらいいのか?としばし考える。

ごきげんよう

と、返したけれど、かみ合ってた?

お大切に

私も自然もこんな言葉を発したいものだ。
でも
私が発したら、野良着で口紅を付けたようになるだろう。

お大切に

この言葉を発した方は、
戦争中に当地に疎開していて、空襲により戻る家を失い、
そのまま、当地にお暮しになった方。
当地での生活は70年を優に超えているのに、いまだにおっとりとして上品なお方である。

お大切に

いつか、
私も普段着で優しく言える人になりたい。
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-03-10 17:21 | Comments(7)
毎年のことゆえ、始めればすぐに終わる。
はじめるまでが、億劫なんだよね。

国税庁のHPから作成し、プリントアウトして郵送している。
e-taxは使っていない。なんとなく、ね。

私の年収は、116万円だった。
微妙な金額。

103万円を越えると夫の扶養から抜けることになる。
130万円を越えると社会保険も自前になり、国民健康保険と国民年金を払うことになる。

つまり、今の私は、
夫の年収から38万円の配偶者控除はされなくなっているけれども
健康保険と年金は夫の勤め先に属している、と、いうことらしいんだな。

違うかな?
違っていたら、誰か教えてくださいね。

私は、パートタイマーとしてはたらいている。
雇用保険はもちろん、昇給も有給休暇もない。

ま、私はいいよ。
でもね、県からの辞令で働くこの仕事、若い人も週5で働いている人も、同じ待遇なんだよね。
結構、ハードな仕事なので、私のキャパと年々衰える体力を考えて、次年度から半分に減らすことにした。

今日の確定申告により、四万円の還付金が生じた。
が、たぶん同じくらいの市県民税が課税されるはず。

来年はどうなるのかな?
働いても働かなくても、世帯の手取りとしてはあまり変わらないのかもしれない。

けど、私は働きたい。
働くとは、必要とされるということでもある。
私のこれまでの経験が生かせる仕事だから。

人生に無駄なし。
捨てる神あれば拾う神あり。
したくない経験をたくさんした。
でも、なんとか生きてきた。

これからは、人の役にたっていきたい。
私もこれまで、多くの人には支えられてきたから、そのオンガエシ、、、

納税ではお役に立てませんので、せめて、こちらで。

健康に留意して、細く長く、仕事のキャリアも積んでいきたいと思っている。

c0362977_22123206.jpg

私の作業するとなりでは、この子達が寛いでいた。カメラを向けたら、迷惑そうな顔をして。。。こんな不細工な顔もします037.gif
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-03-07 19:56 | Comments(0)

夫と、ランチ。

桃の節句の日は、結婚記念日でもあった。
31回目。

両親の元で過ごしたよりも、遥かに長い時を夫と過ごしたことになる。

当日は、お互いに仕事だったし、私は夜、合唱の練習日だったので、バタバタと何事もなく。

今日はたまたまふたりともお昼を食べ損ねていたので、2時近くにイタリアンのお店にギリギリに駆け込んだ。

前菜、パスタ、お肉かお魚、ドルチェとコーヒーのランチコース。パスタとメインのお料理、ドルチェはそれぞれに選び、シェア。
思いがけず、二日遅れの結婚記念日を祝うことができた。

あんなこと、こんなこと、があって、今がある。そして、これからも生きていく。

食べたりおしゃべりしたりで、写真はドルチェとコーヒーのみ。ちなみに、このドルチェはランチメニューにはないヨーグルトのジェラード。私は、サッパリしたのが好きと伝えたらサーブしてくれた。
c0362977_22003208.jpg

こちらのお店は食器も、私のお気に入り。イタリアンの王道、ジノリを中心に、このドルチェのボウルはポーランドのもの。
もちろん、お料理も美味しゅうございました。

ごちそうさまでした。
外食は夫が会計担当です👍
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-03-05 21:45 | Comments(2)

ロバの王子

本日、物語療法で一人の女の子に読んだ絵本。

年度末につき、本日で面談終了となる。その締めくくりとして選んだ。

その女の子がこの絵本の王子のように、苦難を乗り越えて幸せな人生を歩めますように。

もう、会えないので、祈るしかない。

c0362977_22513479.jpg


画像が小さくて残念
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-03-04 22:34 | Comments(0)

うそも方便ではあるが。

息を吐く(はく)ようにうそを吐く(と書いて、つく、と読むそう)。

吐くという読みが二つあるなんて、知っていましたか?
私は今日まで知りませんでした。fb情報です。

子どもの嘘は、嘘をつくまで追い詰める大人が悪いと思っている。

どうして宿題やってこなかった?
⇒ やったんだけど、机の上に忘れてきた。

じゃあ、今、とってこい。それとも、お母さんにもってきてもらうか?
⇒ ねこがたべちゃった。

じゃ、机の上に忘れたというのは?
⇒ そのあと、猫が食べちゃったんです。

なんてね。。。

大人の嘘もおなじかな。
うそをつくまで追い詰めるのが悪い?

どうでもいいこと、なんだけどね。
正直に話してくれたらいいのに、と、思いながら聞いているうちに、
うそだか現実だかわからなくなってくる。

そういう人はたぶん、自分でも現実だと信じて語っているのだろうよ。

私も、もしかしたらそういうことがあるかもしれないね。
だって、現実と嘘の区別がつかないから、ずっと嘘が続くわけで、、、

ま、大したことでもないうそに目くじらを立てるのはエネルギーの無駄遣いであります。
スルーしましょ。

せめて、自分にはうそをつかずに生きていきたいなぁ。。。






[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-03-02 20:58 | Comments(4)
季節の変わり目に、この低気圧。
コタエマスネ。

ジンマシンとミミナリのお出まし。
首のいたみとコワバリ。
手指も痛い。。

検査では所見なし。つまり、ストレス。

こんな寒い日にじっとしていられるなんて、ありがたい生活で、ストレスとは?

まったくもう、私の体が脆弱なんだわねぇ。

夫を送り出して、ざっくり家事をして、まだ温もりの残る湯タンポを抱いてベッドにいる。

車にガソリンがないから、いれなくては。
夕飯の買い物も。
ああ、確定申告。

なんて、気をもまず、ゆったりしよう。
深呼吸して、お昼まで静養。
午後から動くことにする。

皆様も、無理なさいませんように。
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-03-01 09:06 | Comments(2)