咲くのも散るのも美しく。50代の微妙な日々を前向きに綴ります。


by sakura-saku-tiru

<   2016年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

味がわからない。

大した風邪ではなかったが、
もしかしたら、大した事だったのか。

味がわからない。
みかんもキムチも同じ味。

間の悪い時には、失敗も続き、
朝、出勤前に回したはずの食洗機が稼動していなかった。

急いでつくった、イカのハンバーグは、
これは、先輩Bloggerさんの記事を何度も読んでいて、すっかり作れるつもりでいたが、みごとに失敗。
繋ぎが弱くて纏まらなかった。
しかも、塩が強かったらしい。
自分でたべても分からない。

急遽、ぐちゃぐちゃな種をオーブントースターで焼いた。
こんがりとおいしそうだが、塩辛かったのではね。

こんなことなら、いつものように大根と一緒に圧力鍋に投入すれば良かった。

お料理で失敗すると凹みますね。

炊きたてご飯と、大根と里芋のお味噌汁はいつもと同じにできたので、夕べの残りと昆布の佃煮、キムチ納豆でなんとか食べました。

あしたは、良い日でありますように🍀☀✋


[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-01-28 19:44 | Comments(2)
ことし、初寝込みです。

いや、寝込むほどではないけど、自主規制。
ついね、身体能力以上のことをやってしまうから。

ことし、まだ1日もOFFがなかった。
そろそろ、休まないとと、気合いを入れて寝ています。

でも、スマホで皆さまのところには行けちゃう。
湯たんぽだいて、ヌクヌクしながら、スマホをみる。
休んでることになりのか?

こんなことなら、掃除をした方が良いのではないか?
と、おもいながら、夕御飯の支度まではゆっくりしましょ。
「くしゃみ鼻水、ルル3錠」という昔のコマーシャルを思い出しています。
数年前から、特にこの時期には
「くしゃみ鼻水、花粉症」と考えて、アレルギーの薬を飲むのでした。

今回、鼻水が青っぱなになり、鼻が完全に詰まり、喉もいたく声も出なくなり、頭痛と悪寒になって風邪だと分かりました。ルル3錠の出番でしたね。

こんな寒い日に病院に行くのはいやなので、湯たんぽを抱いてゆっくりしています。家にあった薬も飲みました。
熱はないので、明日から予定通りに仕事にいけるでしょう。
こんやは、温かいうどんにでもしましょう。野菜をたっぷり入れて。

では、皆様もむりなさいませんよう。暖かくしてお過ごし下さいemoticon-0100-smile.gifemoticon-0113-sleepy.gifemoticon-0102-bigsmile.gif

訂正
くしゃみ三回、ルル3錠
でしたね。ちゅんと韻を踏んでいるんだなぁ。
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-01-26 15:02 | Comments(4)

S 先生の夢。

私の大好きだった S先生がはじめて夢にお出ましになったのは、先週の土曜の朝方のことだった。

とてもご機嫌麗しく、お美しく、艶やかに、
「私にもっと語らせて」と、おっしゃって、
私がアテンドした満席の会場で、子どもたちにながーい不思議な物語を、語っている夢だった。

ああ、もう先生はいないのだな、と、思った。
私を誰よりも応援していてくれた先生は、まだ語りたかったのだな。私も、もっと語らねば、と、目が覚めた。

そして、月曜日に電話があった。
先生のあの懐かしい書斎を片付けることになり、ご遺族の意向で、私に蔵書の一部をもらってほしいとのこと。

研究書や専門書が私におくられてくるらしい。ありがたく頂戴することにした。

先生は私には、語りより研究をがんばれと、言いたかったのかな?そうね、私は、一流の語り手にはなれないかもしれない。けど、この道の研究者としては道が開けるかもしれない。

ねえ、先生、そういうことですか?
夢の中でさえ、先生の語りは素敵でした。
また、お出ましくださいね。
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-01-19 23:29 | Comments(6)

今年一番の大雪。

この冬は、今まで降らなくてラッキーでした。
とうとう降りました、どっさりと。

c0362977_09265144.jpg

(午前9時の我が家のリビング前です)

私事で言えば、今日は勤務日でなくてホッとしております。
が、皆様におかれましては、どうぞ、気を付けてお過ごし下さい。

🗼東京も大雪とか。
クロネコさんにお世話になっている息子も無事にお勤めが果たせますように。

私は、世間の迷惑にならぬよう、せめて外出を控えてじっとしていたいと思います

すぐ近くとはいえ、歩いて出勤した夫に温かい料理を用意することにいたしましょう。

では、また😄✋
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-01-18 09:25 | Comments(0)

すれ違うのはお互い様。

この人こそと結婚すれば夫婦ゲンカ。
子どもが生まれて大喜びしても、十年たてば悩みの種。

こんなはずじゃなかった、と思うのはお互い様。

相手に求めてばかりで、自分は応えてこなかった。

こんな繰り返しはいやだから、私は、変わっていきたいです。

はい、と素直な心で返事をして、
ニコニコと暮らして参りましょう。

今ごろですが、今年の抱負です。

寒い夜にはあたためあい、
痛いところはさすりあい
心を通わせて、これからを過ごして参ります。
いつまで持つか、って?
さあ、私にも分かりませんが、
今はたしかにそう思っておりますよemoticon-0102-bigsmile.gif
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-01-16 09:45 | Comments(0)

寒い夜です。


二人で寝れば暖かいとあなたはいうが、

すれ違う心でも?と、 問う我なり。

(おそまつ)
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-01-14 20:45 | Comments(0)

半径5キロ圏内、続き。

まだ、引きずっております。

シングルマザー、二人の子どもを育てながら事業主でもあり、こんな日本をみかぎって海外に移住しようとしている方の記事と、その日の朝刊の人生相談に、あまりの乖離を感じて、

バカじゃないか‼

と、まで書いてしまいました。

半径5キロ圏内に生きる人には、当然身内も含まれるのが、われわれ一般人。身内に嫌われてまでグローバルな考えで生きていける人は少なかろう。

わが姑は、夫を亡くしてから20年ほど大姑と暮らした。
見ていて切ない暮らしだった。

大姑の娘である叔母が、引き取ろうとしたのだが、
「今この家をでたら、◯子が笑われる」
と、大姑は姑の世間体を一番に考えて、残った。

お互いに、辛かったと思う。

半径5キロ圏内の人に笑われることを何より恐れて暮らしていたつい二十年前。

世の中が、急に変わったのかもしれない。
世間さまに笑われるという抑止力がなくなって、だから、みんな悩んでいるんだね。

だから、人生相談に手紙を書く。
そういう人を、バカという資格は私にはありません。
ごめんなさい。
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-01-08 20:04 | Comments(2)

半径5キロ圏内とは。

物理的な生活圏ではなく、心の持ちようのことです。

⬇ で書いたことの補足。

いろいろな制限のある方もおいでになり、
でもその方々が、創造力を駆使して、
インターネットを用いて広い世界の情報も掴んで、
できることをなさっていたりする。

自分のことより、人様のために。

試練が人の器を大きくするのかもしれない。
私も少しだけ、楽に生きられるようになってきた。

今日も良い天気。
では、好きなことをやらせていただけることに感謝して、出かけてきます☀
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-01-07 08:41 | Comments(0)

生きる基軸。

私よりずっと若いBloggerさんが、

半径5キロ圏内で生きている人を規準として物を考えてはいけない
世界のどこでも通用する基軸で生きること

と、まだ幼いお嬢さんに言い聞かせているとのこと。

すごいなぁ。
こんな基軸で生きていけたら、小さなことでクヨクヨしないで済むね。

話かわって、本日のY新聞の人生相談には

90代の実母が、ひとり暮らしになるけど、どうしたら良いか?と60代の娘からの相談。

バカじゃないかと思った。

兄が四年前に亡くなり、その妻である兄嫁が病気になり、その息子が「もう開放してやりたい」と、マンションを買い実家から兄嫁が出ていく。私には事情があり、実母を引き取れない。
兄嫁は、実母とは折り合いが悪く、とうとう打ち解けないままだった。

この相談者は、たぶん5キロ圏内で生きている人なんだろう。

回答には、胸のすく思いがした。

あなたにも同居できない事情があるように、兄嫁にも事情があるのです。自分にできることを提示して、皆で話し合いなさい、と。

そのとおり❗

もともと折り合いが悪かった嫁姑が、嫁にとっては夫が、姑にとっては息子が亡くなって4年も同居していた。嫁が命に関わる病気になった。この先も嫁として生きていくのは辛かろう。
これまでよくぞ辛抱してくれましたね。どうぞ、これからは自分の人生を謳歌してください、と、言ってあげたらいいじゃないか。

それに、60代のお嫁さんが家を出るより、90代のお姑さんがどこかに行く方が現実的ではないか。

と、私は思った。

私もそのうちに姑の立場になる。
未だに嫁でもある。

いろんな生き方がある。
自分の視点だけではなく、相手の視点でも物を見ていけたらいいな。

半径5キロ圏内で、物を考えてはいけない。
世界的にスタンダードな基軸は確立できないかもしれないが、
なんせ、せせこましく世間さまを気にして50年以上生きてきたからね、

でも、ご縁のあった相手を思いやって、感謝して生きていきたいと思います。

忘れないように、ここに書いておきます。





[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-01-05 20:13 | Comments(2)
気がつけば、もうお正月もおしまいに。
今年の年末年始は、どこにも出掛けずにひたすらに、主婦。
普通の暮らしが待ち遠しいことでした。
なんて贅沢なんでしょうね。
今日からやっと、やれやれという感じ。

二週間リハビリが休みだったせいか、主婦業のせいか、
手指の痛さと痺れがぶり返しております。

明日から、私も通常業務に戻ります。
だんだんに、よくなることでしょう。

こうあらねばならない、あれもこれもちゃんとせねばならない、と、自分を追い詰める性格が、私の脳に誤作動を起こさせる痛みであることは間違いないようで、

ファーストオピニオンである腺維筋痛症もあながちはずれではないみたい。

ああもこうもしたいけど、できない、とネガティブに考える心の癖が、痛みを呼び込むらしい。

出来なくても誰にも迷惑は掛からないのだから、気楽に。
主婦業、自分の実力以上を目指すから疲れるのだわ。

しょうがない、しょいがない。
できなくてごめんね☺
と、自分が自分を許しましょう。

今更ながらの気づきを得た年末年始でありました。
今年もよろしくお願いいたします☀
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2016-01-04 15:31 | Comments(2)