咲くのも散るのも美しく。50代の微妙な日々を前向きに綴ります。


by sakura-saku-tiru

<   2015年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お正月の華。

お正月の華くらいは、生けたい、と。
そのような志しで、少しだけたしなんだ華道。

本当に、お正月だけの生け花。
生協から届いた華材で、一気に勢いで生けました。

c0362977_20340415.jpg


いろいろ迷うとお花が傷む。
これくらいで、ちょうど良し。

お正月にお花がある。
お餅も蒲鉾もある。
なんて、しあわせなんだろう。

寒空に凍えることなく、シモヤケに悩むことなく、年を越せそう。ありがたいことです。

あと二日、無事に過ごせますように。
新しくむかえる年が、平和でありますように。

世界平和の祈りが叶う年になりますように。
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2015-12-29 20:29 | Comments(2)

クロネコのお兄さんと。

うちには、Amazonマニア(夫)と、ヤフオクマニア(私か?)がいるので、毎日、何かしらの宅配がある。

で、私は、クロネコのお兄さんがくると、

うちの息子が東京でお世話になっています

と、恭しく挨拶する。

お兄さんたちも、それを聞くと喜んでくれて、
話がはずむ。

どんな仕事ですか?
それなら、こっちでは時給1000円ですが、
東京では、いくらですか?
帰ってくるなら、経験者は優遇しますから、
ぜひ、来て下さい。

なんて話していましたら、
夫に

玄関をしめて話せ

と、しかられてしまいました。

せっかく暖まっている室温が下がると。

はいはい
ご免なさいよ。
次からはコートを着て出ます。

今年は雪がなくて、何よりですね。
雪道の夜の運転は大変ですもの。
どうぞ、お気を付けて。

と、心から願って、挨拶するのは、どの業者さんにも同様に。
年末年始の繁忙期、どうぞ、事故のないよう。
運転、配達、気を付けて。

寒い戸外で仕事をされる方、お体、気を付けて。

ヌクヌクと家の中からで恐縮ですが、お祈りいたします。
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2015-12-27 19:04 | Comments(0)

風邪を悪化させた。

昨日、思いがけないプレゼントをアップしようとして、

あまりにもちいさいので着衣の上からでは写らず、

お風呂に入る前、ユニクロのブラトップ(福山さんの奥さんになった女優さんがコマーシャルしてましたね)にたどり着くまで脱いで、大サービスショットを撮ってアップしたのですが、

それで、すっかり風邪を悪化させました。

室内とはいえ冬に半はだかで、風邪気味で、ウスラカスラしたのですから当然です。

昨夜はスパークリングワインを飲み過ぎました。

皆様も、ご自愛くださいませ。


[PR]
by sakura-saku-tiru | 2015-12-25 19:00 | Comments(0)
夫から、思いがけず、クリスマスプレゼントをいただいた。
すなおに嬉しかった。

結婚して三十年。
いろいろとあった。
離婚を決意したこともあった。

母としての尊厳を打ちのめされたことも
女としての尊厳をうち砕かれたこともあった。

あちらさまにいくこともできたのに、
至らない私にミクダリハンをつきつけることもできただろうに、今日がある。


おねこさんが、私の誕生石を抱いているぺンダント。
c0362977_21494003.jpg


いろいろあって、今日がある。
これからもこの人と共に、

と、思ったクリスマスイブに乾杯🍸✨🍸

過去に囚われず、未来を恐れず、日日を精一杯生きて参りましょう。

メリークリスマス🎅










[PR]
by sakura-saku-tiru | 2015-12-24 21:19 | Comments(4)

ごろごろごろごろ。

今年、最後のリハビリの日に。
義母ではなく、私のリハビリ。

手指の痛みとコワバリ、腫れが出たのは8月だった。
最初にいったリウマチ内科ではリウマチは否定され、代わりに別な病名がついた。で、処方された薬を飲んだらめまいと吐き気で更に弱った。

これではダメだと、整形外科を受診したところ、リハビリをやってみませんか?と。

ものはためし試し、週一のペースで通い始めた。
これが、なかなかよい。
リラクゼーションとヨガらしい。深呼吸しながら、特に肩甲骨まわりの筋肉をほぐしていく。
握力がもどり、お茶碗を落とす頻度が減った。痛みは随分と楽になった。

その病院で会計を待っていると、

ごろごろごろごろ

と、叫んでいるおじいちゃんがいた。
お二人のおばあちゃんが、キョトンとして側にいた。

おじいちゃんは、もどかしそうに、

おめさん、ヨウコアンネだない?
おれだ、ごろごろごろごろ。

ああ、五郎さんかい?

と、ヨウコアンネも、隣にいた私もやっと納得した。

車イスに乗り奥さんに付き添われた五郎さんは84歳。
小柄でお洒落なヨウコアンネは、89歳とのことだった。

子どものころ、五郎さんはヨウコアンネに世話になったらしい。五郎さん、子どものころからヨウコアンネが好きだったのではないかな。大興奮だった。

ヨウコアンネはといえば、上品に微笑みながら、

あらー、五郎さんなの?
おっきくなると、ぜんぜん分からないわねー。

と、言っていた。
89歳で一人でバスで通院して、すごいなー。

病院もこんなドラマに立ち会えるなら、楽しいではないか。
おっと、五郎さんの奥さんの様子を観察してなかった。残念。
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2015-12-21 20:30 | Comments(0)

リハビリの作品。

手指のリハビリに、ストールと帽子を編みました。
昨年のバーゲンで買っておいた、NOROの毛糸です。

写真では伝わりにくいですが、糸の質感と色の深みが魅力的です。シンプルな編み地にして、糸の表情を生かしました。
c0362977_21514927.jpg

c0362977_21555217.jpg



[PR]
by sakura-saku-tiru | 2015-12-17 21:49 | Comments(4)
もう!何度言っても、同じことの繰返し。
ゴセヤケル(腹が立つ)と、お怒りのあなた。

それは、あなたの伝えかたが悪いのかもしれません。
言っても分からない相手には、視覚やシステムで工夫する。
たとえば、
お茶碗を洗い場に下げる時に、水洗いできるものと油ものを分けて、下げてほしいとしましょう。

で、何度言っても、思うようにやってくれないと腹が立つとしたら、油ものを下げる場所を視覚的に明示する。
洗い桶に油もの専用と明記するとかね。

言葉は消えてなくなるから、視覚に訴える。
視覚的な表示の仕方には万国共通の、つまり、だれにでも共通の分かりやすい仕方があって、それは、上から下に。左から右に、です。

今までのやり方でうまくいかない、で、腹が立つ、のはお互い様にストレスです。

Hihg Expressed Emotion(過激な感情表出)は、さまざまな精神症状に悪影響を与えることは、学術的にも、証明されています。

私も、ずっと、相手を責める心を制御できずにいて、HEEのままに生きてきました。それが、回りをどんなに嫌な気持ちにさせてきたことか、と、反省しています。

お皿洗いなど、今は良い洗剤もありますし、ひねれば適温のお湯も出ますし、ニコニコといたしましょう。

私は、手指の不自由さを一夏だけ経験しました。家族のために、家事ができることがどんなにありがたいか、少しだけですが分かりました。

家族に喜んでもらえる、それは、本当にありがたいことです。させていただけることに感謝です。

何かしてもらいたいことがあったら、よく分かるように伝える。伝わるような工夫をする。伝わらない時には、伝えかたを見直す。

一番身近にいる人と仲良くしてまいりましょう。
それが、世界平和への第一歩です。
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2015-12-17 19:39 | Comments(2)

仏壇が、整いました。

我が家に義母がやってきて(おいでになって)、早くも8年。

紆余曲折ありましたが、ようやく仏壇が整いました。
c0362977_21021232.jpg

↑ これが正式な配置らしい。
仏具店さんと相談して、↓ の配置となった。
c0362977_21043156.jpg


朝一に、お水、お茶、ご飯、お線香。
お花も絶やさないように。

新たに嫁の務めが増えた。
今まで、録な御先祖供養をしてなかったので、その分もさせていただくことにいたしましょう。

[PR]
by sakura-saku-tiru | 2015-12-14 21:00 | Comments(0)

12月。

なんと速い一年だったことよ。

2015年は、私にとって節目の年だった。

終わりがあり、始まりがあり。
お別れも、出会いもあった。

まだまだ解決のつかない問題は山積みだが、
解決のつかないままでも良いかとも思えてきた。
自分ではどうしようもないこともあるのが人生だわね。

しょうがない、しょうがない、と、笑って生きていきましょう。

あと一月ある。
そっと、このまま、何事もなく過ぎてくれたら、御の字。
欲張らないことにしたの。

息をひそめて、そっと。
いろいろあった年だから、年末くらい、穏やかに過ごしたい。

あ、でも、仏壇購入という、大プロジェクトが進行中だった。江戸時代からの御先祖さまを正式にお迎えするのだけれど、ご当主さま(夫)もお母上(義母)もあてにならず、嫁が悪戦苦闘中。
なんとか、購入の手筈がついて、年内にお迎えすることに。
まだまだ、いろいろあるんだった。
知らんぷりを決め込めたらどんなに楽だろうなぁ。

まあ、しょうがない。
これで、また1つ、片付くのだから。

来年は、そうーっと、生きていけますように。
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2015-12-01 22:39 | Comments(4)