咲くのも散るのも美しく。50代の微妙な日々を前向きに綴ります。


by sakura-saku-tiru

カテゴリ:未分類( 227 )

プレゼント2つ。


ひとつは、このグリーンのカットソー。10年前にギボにプレゼントしたものの、ずっと着てもらえず、いらないならちょうだいといただいたもの。
10年前、一年の入院生活を終えて、わが家にむかえる時に着てもらったもの。ずいぶん奮発した記憶がある。
押し入れから出してもらったら、前見頃が虫食いだらけになっていた。YouTubeでかけはぎのしかたを見て、丁寧に繕ったら甦った。かるくてあたたか。わたしがきます。

c0362977_23023023.jpg

もうひとつは、フクロウのピンバッチ。
不思議なご縁で、震災後に宝石商を営む老紳士と出会った。苦労して今のご商売を繁盛させたらしい。私は、話をきくのが本当は上手なのだ。その老紳士は、私と話したことを大変に喜ばれ、このピンバッチをくださった。
その後、会っていないがどうしているかな?

よそのご老人の話なら上手に聴くことができるのに、身内はね。

プレゼント。
戻ってきたものと、いただいた物と。

心を込めて選んだ品は、戻ってきても大事にしたい。
良い出会いにまつわるプレゼントは、身に付けるたびに送り主を思う。

今日は、この2つを身に付けて過ごした。
なんだか、ほっこりした。


[PR]
by sakura-saku-tiru | 2017-10-18 23:00 | Comments(0)
🍀あんた、今日はでかけんのかい?出掛けねかい?ポストさ、これ入れでもらいでんだげんちょ、ダメだない。

(ハガキを投函してほしい、となぜ言わない?)

🍀昨日は、Mちゃんたち(私の妹一家)、帰るとき、挨拶しねでわりがったない。

(ああ、挨拶して欲しかったのね。これは皮肉ね)

🍀私の目がおかしいのがもしんにけど、リハビリから帰って来たとき、車庫の屋根が上がってだ。間違ってたらごめんない。

(???車庫の屋根???あ、はね上げる扉が上がっていたと???「扉が開いていたけど、閉めたかい?」と聞いてくれたらそれで済むのに。目がおかしいって、どういうこと???)

こうならべてみると、ギボなりに、嫁に気を使って気を使って気を使って、回りくどく回りくどく回りくどく、なっているのだな。
嫁がついつい、ムカッ😡としてしまうから、ますます話がぐるぐるまわる悪循環。

嫁が「はい」と、ニコニコしていれば、いいのだ。
わかっちゃいるけど、ついつい無言で、その場から逃げる至らない嫁でございます。

本当に、いつになったら感情的にならずに、話が聞けるようになるのだろう。よそさまのおばあさんと思えば楽かな?やってみよう。
よそさま、よそさま、よそさま。

余計にダメか😞



[PR]
by sakura-saku-tiru | 2017-10-17 22:00 | Comments(0)
訃報が続く。
仲間が亡くなった。58歳で。
お通夜と告別式が、祖母と同日。
困った。

58歳。
闘病四年あまりと記憶する。
奇跡は起きなかった。

まだまだ、生きていたかったろう。
ご家族ももっともっと、生きて欲しかったろう。
私たちの祈りも空しく、天に召された。

先日、我が家のギボのこれからについて、ケアマネさんがきて相談にのってくれた。

ケアマネさんがギボに
○○さんは、どうしたいですか?と尋ねると

早く行きたいです、と答えた。

どこにですか?ときくと、

あの世、と。

私と夫も何度も聞いたフレーズだ。ギボは、否定してほしいのだが、身内はイラッとしてしまう。
ケアマネさんは静かに、そのお手伝いは出来ませんから、この世でできることをさせてください、と答えてくれた。

あの世に行きたくなくても行かなければならない人がいる。
この世で生きるのが辛くても生きなければならない人もいる。

すべてを神仏にお任せして、生きている限りは、生かされていることに感謝して丁寧に日々を送りたいと思った。


[PR]
by sakura-saku-tiru | 2017-10-05 20:13 | Comments(6)

私の祖母が亡くなった。

99歳で、祖母が亡くなった。
大往生だった。

子ども7人、孫21人、ひ孫は何人いるんだろ?たくさんいて、玄孫もたしか、一人か二人。

みんな、ばあちゃんが大好きだった。
いつもニコニコと元気で、働き者で、余計なことは言わなくて。
90歳を越えたころから、少しだけボケちゃったけど、一番年上の孫の私のことは、覚えてくれていた。

おだやかな、メンコイ顔で旅だった。

お葬式は孫のお祭りになるだろう。
久しぶりに会う叔父叔母もみんな穏やかな良い顔立ちになっていた。私も、穏やかに歳をとっていきたい。


[PR]
by sakura-saku-tiru | 2017-10-04 15:53 | Comments(0)
本日、三ヶ月に一度の受診日でした。

まず、膝。
本人が関節置換手術を頑なに拒んできたけれど、
良くなるはずもなく、気休めの注射を打ってもらう。

次に脳外科。
いろいろと話しかけてくださるが、聞こえないのでトンチンカン。主治医は、これでは在宅は限界ですね。
痛さでますます歩けなくなりますから、施設入居を考えましょう、と。
なぜ、手術しないのでしょうね?内科的にも何も問題ないのに。手術すれば、まだ家にいられるかもしれなせんがね。

嫁は待ってました❗とばかり、
本人と夫に言ってください。私も、ずっとそう思っていました。
と、いうとご本人は、ガンコですからね、といいつつ、ギボにもちゃんと説明してくださった。

分かったのかわからないのか?うなづいていたギボ。

主治医は、私の方に向き直り、認知の問題も出てきていますね。よく、嫁の反乱をおこしませんでしたね、

と、言われた。

耳の聞こえないせいだと思っていたけど、認知の問題だったの?昔からなんでも思ったことをいう人だったけど、このごろのは、認知の問題からだったの?

と、びっくりした。そして、

要介護2ですが、3に変更しますのでケアマネさんに連絡してください。要介護3、身体障害3で、施設入居要件は十分に満たしています。とも。

あららー、
この急展開はなに?

私でもびっくりしたんだから、ギボはもっとびっくりだろう。
かえる道々、10年いだげんちょ、とうとうオン出されんだない❗とご立腹。

私には、何も決定権がない。
また、夫は愛する母を在宅で診とりたいと考えている様子。

と、いうと、主治医が自ら夫に連絡してくださるとのこと。

ありがたいお申し出に、感謝です。

もしかしたら、家にいるために膝の手術を受けることになるかもしれないし、要介護度が上がれば、介護サービスを増やすことになるかもしれない。

なにやら、動き出した、在宅介護10年目の秋。
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2017-09-19 10:58 | Comments(2)

敬老の日ですな。

c0362977_18595852.jpg


特別なことはしませんが、義母の好きな物を作りました。

松茸ご飯(アメリカ産でもじゅうぶん美味しかったよ)
なめこと豆腐のみそ汁

野菜の天ぷら
ぶりかま大根
トロまぐろのワサビあえ
キュウリと水ナスの浅漬け

シャインマスカット

あら、私の好物でもあるわ。

ハハハ😁

それにしても写真がおそまつ(^.^)(-.-)(__)
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2017-09-18 18:57 | Comments(0)
ジツボ様を近居にて見守っている友人がいる。
あちらも、自分の耳が遠いことを認めずに困っているとのこと。

携帯電話も不携帯のことが多いので、ファックスを設置したという。

お掃除も苦手な様子なのに認めなかったが、やっと、友人の申し出を受け入れて、週に一度、友人がお掃除をすることになったんだって。偉いね。

で、お風呂掃除をしたら、縦に突っ張り棒で支える小振りな棚があった。何も置いてはなかった。ちょっと触ったら、倒れてしまった。どうやら、突っ張る機能がダメになっているらしい。

これ、危ないから捨てようね、と彼女がいうと、

なに、だいじょぶだ、なにかに使えっから、おいでおくんだ、とジツボ様がいう。

でも、地震がきたらどうするの?あぶないよ、と、いうと、

だいじょぶだ、地震こねどき、はいっから、と答えたと。

私は、笑ってしまったが、いつも温厚な彼女はその時、かっかと怒り、地震を予測できるのか‼と怒鳴ったと。

そうか。
他人事だと笑い話なんだね。

まだ、あちらのジツボ様もボケていないし、立派なご職業であられた方だ。
自分の根拠のない確信に拘るところが、老いたということなのだね。

我が家のギボは、携帯電話でよく誰かと話をしている。
お隣に聞こえるであろう大声で。

この前、夫の叔父の新盆で、叔母さんたちに会った。
いつも、ありがとうございます。
と、お礼をいうと、
電話でしゃべってもこっちの話はちっとも聞いてねぇんだ
と、いっていた。

そうだったのか。電話でも会話になってなかったのか。

でも、きっと、ご本人はちゃんと成立していると思っているのだろう。

私たちもああなるのかな?
ああは、なりたくないけど、自覚できないんだから、それが困るよね。
と、友人と寂しく笑ってさよならしました。


[PR]
by sakura-saku-tiru | 2017-09-13 21:27 | Comments(0)

久しぶりの絵本の講座。

c0362977_23552535.jpg

久しぶりに勉強しました。

実は、物語を語るのは好きだけど、講演は苦手なんです😓

聞いてくださる方が、退屈しないよう、楽しくお話しできますように。私がまず、楽しんで話せればいいのよね。

明日です。あまり頑張らずにやってきます。


[PR]
by sakura-saku-tiru | 2017-09-11 23:52 | Comments(2)
敬老の日、近し。
このタイミングで、買い物を頼まれる。

あんた、きょうでかけんのかい?
仕事かい?
んじゃ、しょうがねない。

いつも、こーいなの(カットソー)きてんだもの。
朝、寒いんだ。
みんな、古くなっちまったんだもの。
こんな色気のがな、ほしんだ。
薄いカーディガン。
お金、やっから。

嫁は、この日は仕事ではないが、説明しても聞こえないから、
ただ、はいはい、と、承った。

たいがいは、気に入ってもらえない。こだものきらんに❗と、なんぼだど思ってんだい。80すぎでんだぞい、と。

気に入ってくれた時は、しなをつくり変な声をだして大袈裟に喜ぶ。あらー、◯◯さんのだものー。いいくれねーワイ。

私は心が狭いので、どちらを聞いても堪えられずにその場から逃げ出したくなる。今日は、後者だったから、困った。申し訳ございませんでした、と、話を打ち切ることができなかったので。

感情の波に飲み込まれて、自分が感情的になるのが怖いのだな。
それに、なぜ、
カーディガンを買ってきてほしい、と、先に用件を言わないか?
いつも、用件にたどり着くまでにながながと、ある。

ともあれ、敬老の日も近いので、プレゼントにした。
それを伝えるのがひと苦労。

嫁:敬老の日のプレゼントにさせてください。

ギボ:はいはい。

嫁:きこえたの?

ギボ:9000円だっぱい?

嫁:プレゼント

ギボ:?

嫁:プレゼント❗

って、怒鳴っちゃったよ😅

そして、大袈裟に、
なーんだべ、、、と、始まったので、嫁は逃げました。

プレゼントでは、気に入らない時には、買い物の時より複雑な反応があるし、気に入ったら気に入ったで、さらに大袈裟な反応があるし。

だから、ギボにプレゼントするのは気が重いのです。

嫁にきて、早33年。
いつになったら、ギボに馴れるのか。
まだまだですな。


[PR]
by sakura-saku-tiru | 2017-09-10 22:28 | Comments(2)

お母さんの愛は。

今日は、給食のない勤務日だった。
給食はありがたいね。
今時の給食は、栄養満点で添加物控えめ、作りたてで温かい。

お弁当を作っての出勤は、正直、面倒だと思った。

お昼ごはんを私はいつも保健室登校の子どもたちと食べる。

お母さんにかまってもらえない子たちは、今日は、お休みしていた。お弁当をつくってもらえなかったのかな?

少しずつ、元気がでてきている子の一人は「お母さんが作ってくれました」とニコニコしてたべていた。

もう一人は「これ、オレの好物なんすよ」とおかずの一つを示して嬉しそうに食べていた。

もう一人は、コンビニの袋からゴソゴソと玉子サンドを出して無言で食べていた。玉子サンドのみ。飲み物もなし。この子は、言葉を発することができない。お母さんは、仕事で忙しいのか、または元々そうなのか、お料理をしない。コンビニ、あったら便利だけど、なかったらもっと人が人として暮らせるのではないかな?

母親が子どもにしてあげられること、愛情を形にできることとして、お弁当があると思う。キャラ弁のような気張ったものは必要ない。喜んで食べてくれるもの、下手でもいい、お母さんが作ってくれたんだ、と実感出来るものを。

お母さんが不得手なら、お父さんが作ればいいじゃない?
要は、両親が協力して誠意を尽くして生活していればよい。

なんてね。
私は、長男が幼稚園に通いだしたとき、少食の長男にこれでもかとゴテゴテと入れて、つまり私は、自分がお弁当で評価されたかったんだな、幼稚園の先生から食べられるだけにしましょう、と言われても腑に落ちず、すっかり長男をお弁当嫌いにさせてしまった。
子どもがしてほしいことには気付かず、してほしくないことばかりする、センスのない母親だった。息子たちよ、ごめんね。

だから、若いお母さんたちの頑張りすぎも、その反対も、私には、どうこういう資格はない。けれども、お母さんたちには、我が子のことを第一に考えて、愛情をこめたお弁当を持たせてほしいな。
と、給食のない勤務日に思ったことでした。

そして。
言葉を発しない子は、身体や顔の筋肉が強ばっている。たぶん、スキンシップもされていない。そこで、リラクゼーションのセッションを試行してみた。一回目であくびが出た。本日、二回目で顔つきが顕著に柔らかくなった。

私は、診断を下す立場にはないが、おそらく愛着障害によるもの。少しずつ、愛着を形成していきたい。子どもが変われば親も変わる。その逆もしかり。

人は生きている限り、成長できるのだと信じている。
[PR]
by sakura-saku-tiru | 2017-09-01 20:31 | Comments(2)