咲くのも散るのも美しく。50代の微妙な日々を前向きに綴ります。


by sakura-saku-tiru

ギボの部屋を掃除する。

私たちは明日の早朝に発つので、
ギボを本日の午前中にショートスティに送り出した、

待ってました❗

このところ、ギボの部屋より漂い出る悪臭あり。
おそらく、、、やはり。。。

ギボの部屋のトイレが悪臭の元であった。
○ンコ臭い、、、のが、もしや別の場所であったなら、大問題。
おそらく、、、が、当たっててホッとする。

ギボは自室の掃除は自分の仕事と、嫁の介入を嫌がる。
この一月ほどの悪臭に、嫁は気づかない振りでいた。

気になっていた通りではあったが、時を経たヨゴレには悪戦苦闘。なんとか、綺麗になった。

それから元通りにいろいろなモノの配置を戻して完了。
たぶん、掃除したことには気付かれないだろう。
部屋全体にも掃除機をかけて空気の入れ換えをする。

ああ、さっぱりした。
これで明日から心置きなく出掛けられる。

これからもギボの尊厳を損なわないように、さりげなくヘルプしたいと思う。たぶん、この前、お腹を壊した時に、トイレが間に合わなかった。それでトイレを汚して自分でなんとかした。嫁には見せたくなかったのだろう。
ギボは、耳と同様に、目も鼻も衰えてきたのだ。
あちこちに汚れは残り、そのための悪臭が漂っていた。

私も今にこんなふうに老いる。
私もだれかに見られたくないだろう。

そっと始末できて良かった。
トイレの神様、どうぞ、ギボをお守りください。



[PR]
by sakura-saku-tiru | 2017-02-20 14:20 | Comments(0)