咲くのも散るのも美しく。50代の微妙な日々を前向きに綴ります。


by sakura-saku-tiru

いつかは通る道。

本日もオフ。
義母の部屋を掃除し、片づけを手伝う。

彼女には彼女の尊厳がある。
黙って従うべきところ、と、分かってはいる。

整理整頓については、人それぞれの考えがある。
それも分かる。

義母の居住スペースは、六畳のリビング、四畳半のダイニング、三畳のベッドルーム、二間分の収納スペース。ブラス、専用トイレット。
このスペースに物が納まらないと言われ、嫁は、返す言葉なし。義実家はさらに物にあふれている。

私が、いつか義母の歳になったとしよう。
まず、息子には頼れない。
年金もどうなるやら分からない。
だから、余計な物は持てないし、介護施設のベッドの上にわずかな居住スペースを持つのみだろう。

私は極力、物は持たないようにして生活していこうと思う。手放す、なかなか難しいけど、執着する心をまず手放して、心のスペースを拡げて生きていきたい。

断捨離の目的はここにあるのではないかと思った一日。
お義母さん、気づかせてくれてありがとう。

義母の執着は否定せず、嫁が心の器を拡げられるよう、日日を過ごして参ります。

こうして、気づかせていただきながら生きていられるのも、お互いに健康だからだね。ありがたや、ありがたや。



[PR]
by sakura-saku-tiru | 2015-05-01 18:59 | 今日のできごと | Comments(0)